【2018-2019年】Dragonのスノーボードゴーグルの人気・おすすめは?モデル別紹介

2018年-2019年 スノーボードおすすめ・人気のゴーグルはこれだ!【DRAGON】

スノーボードの必須アイテムの一つ「ゴーグル」
ライダーの快適な視界を確保するために各ブランドから技術を駆使した様々なゴーグルが出ています。

今回はそんな中でもとにかくカッコいいブランド「Dragon」のゴーグルをピックアップ!

ゴーグルブランドのDRAGONってどんなブランド??

カルフォルニア生まれのカッコいいゴーグルブランド「Dragon」はかなり古くからあるゴーグルブランドです。
Dragonの特徴としては海外ブランドながら日本人向けに日本人に合った製品開発をしている!ってとこです。
とは言ってもどこのゴーグルブランドもASIAN FITと銘打って日本人向けにカスタムされたゴーグルを出しています。しかし多くが顔の形の違いによる鼻の部分のスポンジの形状を日本人に合わせているブランドさんが多いです。

ところがこのDragonさんはレンズから日本人向けに作ってます。
そもそも欧米人と日本人では眼の色が違うので入ってくる光の量も違うんですよね。なので欧米人向けのゴーグルは透過率の低いレンズが多いです。日本人より眩しさに弱いので、光の入る量が少ないレンズってイメージです。
このレンズは個人差はありますが、日本人には濃すぎる、暗すぎるってことでDragonは日本人向けに最適な明るさのレンズを出しました。
さらに日本と海外では天候や晴天率も変わってきます。こういった事も踏まえて日本向けのハイコントラストレンズ「ジャパンルーマレンズ LUMALENS JAPAN」が誕生しました。透過率40%~60%前後のレンズラインナップで日本のゲレンデ、日本人の眼に合ったレンズです。

レンズだけじゃなくフレームやスポンジ、バックルなんかも日本人向けにカスタマイズされています。

海外生まれのカッコいいブランドながら、国産ブランド並に日本人にカスタムされたゴーグルがあるブランドが「Dragon」なんですね。

DRAGONの人気ゴーグルを最新2018-19モデルから選ぶ

DRAGON PXV

2018-2019シーズンから新登場した「PXV」
広い視界を実現した新しいゴーグルです。DRAGON史上最高の視界範囲。

新技術パノテックレンズテクノロジーを使用。
これは2018-19シーズンにDragonが新たに提案する、最大限の視野角を確保する革命的なレンズテクノロジーです。
人間の視野の範囲(約200度)をカバーするためにはレンズを大きく引伸ばす設計が必要ですが、平面レンズではより顔面に密着してしまい、球面レンズでは球面の屈折角度が大きくなり視線の歪みを引き起こしてしまいます。
パノテックレンズは最小限の湾曲を平面レンズに持たせることで、顔面に密着しすぎず、視界の歪みも引き起こすこと無く、広大な視界を実現したハイブリッドレンズテクノロジーです。

とにかく視野が広く、今までは視界に入って来なかった両サイドの部分も関節視野で常に情報が入ってくる状態に。滑りながらあらゆる状況判断が求められるスノーボードではこの視野の広さはとてもありがたいですね。

もちろん凸凹が見やすいハイコントラストレンズ「JAPAN ルーマレンズ」採用。

価格はやや高くなりますが今シーズンのDragonの中では一押しのゴーグルです。

DRAGON X2

DRAGONのゴーグルの中で最上位モデルです。

完全フレームレスのラージサイズのゴーグル。視界の広さはバツグンです。
SEIFT LOCKテクノロジーにより、素早いレンズ交換が可能。レバーの上げ下げだけでレンズが交換できます。

とにかくデカイ!視界が広い!
フレームレスなので視界が広く、フレームに雪が溜まって視界を遮ったり、溜まった雪の湿気でゴーグルが曇ったりがありません。
パウダーの時なんかも、ゴーグルに雪が付着してもサッと払えます。

もちろん日本人に合ったレンズ、フレームを採用

お値段もなかなかですが、品質は間違い無しです。

DRAGON X2s

X2はさすがにデカすぎて顔に合わない方、顔が小さめの方や女性なんかには、X2と機能性はまったく同じでサイズ感だけ小さくなった「X2s」がオススメです。

DRAGON X1 / X1s

X1の形状はX2と同じです。

X2とX1の違いはレンズ脱着システム。X1の方はワンタッチのレバーによる脱着システムSWIFT LOCKが付いていません。レンズをベコッベコッっと爪を剥がして行くやり方。

それ以外の機能は基本的にX1とX2では変わりません。
値段はレンズ交換システムが無い分X1の方が少し安くなっています。

X1sはX1を少し小さくしたモデルになります。

NFX2

平面レンズのフレームレスゴーグルNFX2

まずは見た目がめちゃくちゃカッコいいです。平面レンズのゴーグルが好きなら間違いない1品です。

機能性も十分で、簡単にレンズ交換可能なSWIFT LOCK、日本人向けのハイコントラストレンズ「JAPAN LUMALENS」採用。

平面レンズって事もあってX2より価格も安くなってます。

海外のクソオシャレ有名ライダー「ダニー・デービス」もこのNFX2を使用していてシグネイチャーモデルもあります。
他にもフォレストベイリーと言ったオシャレさんも愛用のNFX2です。

NFX

平面レンズのフレームレスゴーグル。NFX2との違いは
SWIFT LOCKテクノロジーが無いのでレンズ交換方式がレンズを剥がすやり方
NFXの方が少しだけサイズが大きい。(横幅が10mm大きい)
ってとこでしょうか。基本的にはほぼ同じと思ってもらって大丈夫です。
レンズの交換方式が違うのが大きな差ですね。

顔の小さい方や、女性なんかは80%ほどサイズダウンしたNFXsもオススメです。

ROGUE

球面レンズのフレームありゴーグル

ミディアムサイズのスタンダードな球面フレームタイプ。
球面視界のゆがみを矯正する為に特殊技術”トーリックレンズ”を採用し、左右のヒンジから伸びたストラップによる抜群のフィット力を兼ね備えています。
シンプルかつ間違いのない機能性にリピートファンは絶えません。

D3

ROGUEのシルエットをベースにサイズアップし、球面フレームタイプとして、最も大きいモデルです。
最高の視界範囲を求める人、ROGUEフレームからのサイズアップを求める方にお勧めです。
2016年よりメガネにも対応する仕様になりました。

大きめの球面フレームありゴーグル

JAPAN LUMALENS採用で2万円を切る価格なのは嬉しいですね。

以上、ドラゴンのオススメゴーグル紹介でした。
新発売のPXVはワイドな視界でかなり良さそうですね。ヒットの予感。
管理人個人的には平面レンズが好きなのでDragonの中で一番のおすすめは「NFX2」ですね。
何と言っても見た目がカッコいい!
Dragon全般に使われているJAPAN LUMALENSも凹凸が見やすくて良いレンズなのでシーズンを通して使いやすいゴーグルです。

こちらにもおすすめのゴーグルあります

【2018-2019年最新】OAKLEY(オークリー)のおすすめ・人気のスノーボード用ゴーグルはどれ?? 【2018-19年】人気&おすすめのスノーボード・スノボゴーグル決定版 【2018-2019年】ELECTRIC(エレクトリック)のおすすめ・人気のスノーボード用ゴーグルはどれ??