【2018-2019年最新】OAKLEY(オークリー)のおすすめ・人気のスノーボード用ゴーグルはどれ??

2018年-2019年 スノーボードおすすめ・人気のゴーグルはこれだ!【Oakley】

スノーボードの必須アイテムの一つ「ゴーグル」
ライダーの快適な視界を確保するために各ブランドから技術を駆使した様々なゴーグルが出ています。

今回紹介するOakleyと言えば、サングラスを始めアイウェアのトップブランド。もちろんスノーボードのゴーグルもクオリティの高い商品が多数ラインナップ。世界中の多くのライダーが愛用するブランドでもあります。

日本人ライダーでも平野歩夢、角野友基、など多くの有名ライダーが使用しています。

Oakleyのゴーグルで使われる「Prizmレンズ」とは?

Oakleyのゴーグルの良いところは何と言ってもレンズ!今回紹介するゴーグルは全て「Prizm」レンズが使用されています。

Prizmレンズの特徴として簡潔に説明すると光透過をコントロールして色彩を精密に調整し、コントラストを最大化し視認性を高める、かつてないレンズ。要するに凸凹でもめちゃ見やすいって事です。

雪ってのは白いのでどうしても起伏や段差が見えづらいのですがこのPrizmレンズは研ぎ澄ましたコントラストで視界を鮮明に、見づらかった凹凸がはっきりと視認できるようになります。

Prizmレンズの見え方イメージ↓

OAKLEYの人気ゴーグルを最新2018-19モデルから選ぶ

AIRBRAKE XL

Oakleyの球面ゴーグルAIRBRAKE XLです。

特徴としては、フレームが大きく視界が広い!そしてSWITCH LOCK TECHNOLOGY採用でレンズ交換がめちゃくちゃ簡単です。

年々各ブランドがレンズ交換が容易なゴーグルを出してきますがこのAIRBRAKE XLもかなり凄いです。レバーひとつでレンズに脱着が一瞬で出来ちゃうので、ゲレンデに着いてから天気を見てレンズを交換。途中で天気が変わって来たので違うレンズに交換って事が簡単に出来ます。

このレンズ交換システムが特徴なだけあって、このAIRBRAKE XLには予備のレンズが付いています。しかもOakleyが誇る最強のレンズ「Prizmレンズ」が2枚
晴れの日向けの明るいレンズと曇りやナイター向きのレンズの2枚セット。
価格は高いですが、予備レンズ付きなので、違う天候に合わせて2つゴーグルを買う必要や予備の交換レンズを買う必要が無くなります。

  • 球面レンズ
  • フレームが大きく視界が広い
  • 2枚のレンズ付属で交換が簡単。これにより全天候対応
  • Prizmレンズ使用

値段は30,000円〜36,000円程度となっています。

FLIGHT DECK

FLIGHT DECKは球面レンズのフレームレスゴーグル。

特徴としては、レンズが大きく視界が広い!そしてフレームレスなので見た目もカッコいいです。

ここ何年かフレームレスレンズが増えて来ていますが、フレームレスレンズのポイントは、パウダー時に雪が付着しにくい。フレームがあるとどうしてもそこの部分に雪が溜まってしまい、視界を遮ったりレンズの曇りの原因になったりしますが、フレームが無いので雪が溜まりません。レンズに付いた雪もサッと振り払えます。そういった特徴が人気で最近増えて来ています。あとは流行もありますかね。

ただ、フレームに囲まれてませんので強度はやや落ちるので扱いには注意です。

こちらはメガネを掛けたままでも装着可能なゴーグルです。レンズはもちろんPrizmレンズです。

価格は25,000円前後。ショップによって値段とポイントが少し違って来ますかね。

FLIGHT DECKはレンズが大きくて視界も広いのですが、かなり大き目のゴーグルです。

ちょっと大きすぎるといった方にはFLIGHT DECK XMがオススメ!

FLIGHT DECKを少し小さくした形で機能性などは変わりませんので、小さめのサイズの方が自分の顔に合うならこちらですね。

FALL LINE

2017シーズンよりLINE MINERにインスパイアし、フレームレスとなって登場した新しいゴーグル

この後に紹介するLine Minerと上で紹介したFlightDeckを融合させた様なゴーグル

特徴としては、平面レンズのフレームレスゴーグル

上で紹介したAirBrakeやFlight Deckは球面レンズでしたがこちらは平面レンズになります。一般的に球面レンズの方が視界の歪みが少ない、目が疲れにくい、曇りに強い、強度が高いなどのメリットがありスノーボドのゴーグルは球面が主流になって来ています。
ただ近年では製造技術も向上し、球面レンズと同じ素材で同じ製造過程で平面レンズが作られるようになり品質は上がっています。

なのでOakleyのこのレベルの平面ゴーグルなら問題無く快適にスノーボードが出来るレベルにあると思います。

個人的にはゴーグルはやっぱり平面がカッコいい!球面レンズ全盛の中、ちょっとハズして平面も全然アリだと思いますよ。

Fall Lineの特徴

  • 平面レンズ
  • フレームレス
  • Prizmレンズ
  • カッコいい(個人的意見)

LINE MINER

Line Miner(ラインマイナー)ゴーグルは、最先端の周辺視野を実現するために開発されました。
深いカーブの丸みをおびたデザインで、レンズがこれまでになく顔に近くフィットします。

こちらはフレームありの平面レンズのモデルです。
平野歩夢選手もコレを使用していますね。さらに世界のKAZUもLine Minerにシグネイチャーモデルがあります。

レンズもPrizmレンズを使用しながらも価格も抑えめでOakleyを使ってみるキッカケや予算的に厳しい方にも持ってこいです。
デザインもカッコいいですし、安い上に「これ平野歩夢も使ってるゴーグル」と言えば誰もが納得です。

Line Minerの特徴

  • 平面レンズ
  • フレームあり
  • Prizmレンズ
  • 価格抑えめ
  • 平野歩夢やKAZUが使用

また、LINE MINERを小さくしたLINE MINER XMもあり、こちらは顔が小さい方や女性なんかにちょうど良いサイズ感になっています。

CANOPY

Oakleyのド定番モデルと言えばキャノピーですね。

こちらはフレームありの球面レンズゴーグル。フィット感を犠牲にすること無く広い視界を確保します。フレームレスのFlightDeckよりしっかりとフレームがある方が好みそして球面レンズが良いならキャノピーですね。レンズはもちろんPrizmレンズ。価格も抑えめです。

カラーバリエーションも豊富で、自分にあったカラーが見つかるはず!

価格は25,000円前後です。お店によっては20,000円前後で販売されているショップもあり。

タイプ別オークリーのゴーグル選び

以上、Oakleyのゴーグルを紹介してきましたが、タイプ別で簡単にまとめてみますと

1つのゴーグルで全天候滑れるハイスペックモデル
AIRBRAKE XL

球面
フレームレス : FLIGHT DECK
フレームあり : CANOPY

平面
フレームレス : FALL LINE
フレームあり : LINE MINER

このようになってきます。
自分の気に入ったゴーグルで滑ればテンション上がるので是非ピッタリのゴーグルを見つけてください!

関連するゴーグル紹介記事はこちら

Oakley以外のオススメゴーグルはこちら!
【2018-19年】人気&おすすめのスノーボード・スノボゴーグル決定版 【2018-2019年】Dragonのスノーボードゴーグルの人気・おすすめは?モデル別紹介 【2018-2019年】ELECTRIC(エレクトリック)のおすすめ・人気のスノーボード用ゴーグルはどれ??