平野歩夢、平岡卓のメダル獲得であの男に再び注目が!?

 

スノーボーダーはみんな知ったたんだよ。

ソチオリンピック男子ハーフパイプは平野歩夢が銀、平岡卓が銅と素晴らしい結果に。
そしてどこからともなく4年前散々批判されたあの男に注目が・・・

 

【スノボ男子HP】スーパー中高生が銀銅の快挙 “改心”国母氏が「影の立役者」

 

 

 

 

 

大会前、平野歩夢は国母kazuに対してインタビューでこう答えていました。

「師匠みたいな感じですね。小5の頃に初めて会ったんですけど、最初は怖いイメージで話しかけることも出来ませんでした。でも、アメリカに行くようになってからはすごくよくしてもらってます。そんなガッツリではないですけど、技術的なことも教えてもらってる。カズ君はいろんな滑りができて、海外でも認められているし、そこがカッコイイ。だから時間に余裕ができたらカズ君みたいにバックカントリーやジャンプにも挑戦したいですね。
また、実はカズ君って私生活がしっかりしているんです。日々のストレッチや普段の食事などにも気を遣ってるところを見ているととても勉強になりますね。そんなお手本となる人が身近にいてくれるのは嬉しいです。」

JASA TIMES/SNOWBOARDING ISSUEより

今回のメダルに少なからずも彼の力があったのは間違いないですね。

 

 

(´-`).。oO ( しかし4年前の異常なまでのあれは何だったんだろう・・・ )

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。